So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ちらっと高野山をみてきました・・・ [和歌山]

久々の更新になります…皆さまお元気でお過ごしでしょうか…(^^ゞ

いやぁ、ブログも久しぶりですが、お出かけしたのも久しぶりでした~

今回は弾丸日帰りお出かけレポートです。 

お出かけ先は、

羽田空港から飛行機に乗り、伊丹空港からリムジンバスで難波駅へ行って、そこからこんな電車とケーブルカーを乗り継ぎ~

①-1P5142087.jpg①-2P5142094.jpg

  

着いた先はこちら ↓です♪

②P5142153.jpg

和歌山県にある、歴史の教科書でおなじみ「高野山」です。

この日は初夏のような暖かい日だったのですが、標高が867mと高めなので、ここまで来るとちょっぴりひんやりとした風が気持ちのよかったです(^-^)

③P5142154.jpg

山の中のケーブルカーの駅から、路線バスで町の中心地へ向かいます。

バスを降りると落ち着いた雰囲気の街並みに何だかほっとする感じです。

④P5142095.jpg

 

まず向かったのはこちらの「金剛峯寺」です。

⑤P5142100.jpg

   

正門を抜けると…

⑥P5142124.jpg

屋根のところには龍がいました。

⑧P5142106.jpg

鐘楼

⑦P5142121.jpg

高野山のマスコットキャラクター「こうやくん」もいました(^_^;) 

着ぐるみには会えませんでしたが、このパネルがいたるところに立っていました。

⑨P5142107.jpg

建物内は襖絵など見応えのあるものだらけでした(撮影禁止だったのでどんな様子か知りたいなぁって方はこちらでご確認ください。)

そんな重要文化財だらけのいくつもの立派な部屋を抜けた先の大広間では、お茶とお菓子をいただきながら、お坊さま(私たちの時は尼さんでした!)の説法を伺いました。

⑩P5142110.jpg

境内のお庭もすばらしく・・・

⑪P5142112.jpg

もっとまったり雰囲気を味わいたかったけど、今回は時間がなかったのでじっくり見ることができなくて残念でした。。。(/_;)

 

次に向かったのが「金剛三昧院」です。

⑫P5142126.jpg

こちらの「多宝塔」もよかったですが、

      ⑬P5142128.jpg

今の時期はこんな風に・・・

⑭P5142133.jpg

石楠花が見ごろを迎えていました(^。^)

⑮P5142138.jpg

 

もう一か所見に行ったのが、「奥の院」です。

P5142149.jpg

上の写真の「一の橋」が入り口となります。

この橋を渡ると、延々2㎞程の参道沿いに墓所や慰霊塔が並んでいます。

樹齢千年を超えるという杉木立の中にあって、神聖な空気プンプンな感じです。

ここに並ぶ墓所・慰霊塔の中には超有名人や大企業の名前がぞろぞろと出てきます。

たとえば、武田信玄、上杉謙信、石田三成、明智光秀、伊達正宗・・・

どんなのがあるのか気になる方はこちらをご参照ください

   

参道を抜けるとこんな感じです~

⑳P5142150.jpg

さらに先に進むと、一番奥に「弘法大師御廟」がありますが、ここは撮影禁止です。

というか、私は一の橋を渡ったときから、ここは聖域~っ!ていうような、カメラを向けるのも躊躇するような空気を感じました。

高野山全体が、観光地っていうより、「信仰の町」っていう印象です。

また来る機会があったら、宿坊に泊まってもっとじっくり回ってみたいなとも思いました。


そして・・・

高野山でのお食事と言えば、精進料理でしょう~

ということで今回ランチに行ってみたのは、こちらの「中央食堂・さんぼう」さんです。

⑯P5142146.jpg

いただいたのは、こちらの「胡麻豆腐湯葉巻揚げ」です。

⑰P5142145.jpg

メインは ごま豆腐↓     と            ゆば巻き揚げ↓

⑱-1P5142143.jpg⑱-2P5142144.jpg

本格的な精進料理を食べようとすると、結構なお値段ですが、こちらはリーズナブルなお値段でいただけます。(ちなみにこのセットは1260円でしたー)

お味は湯葉巻き揚げとかは、揚げた部分にだしがしみて美味しかったですが、量的にはがっつり系の男子には物足りないかも、とも思いました。


というわけで、関東からの日帰りコースはこの辺で限界です。

インドに続き、高野山に出かけるとは、このブログの主はよっぽど信仰心が強いのかと思われそうですが、全くそうではありません~

たまたまテレビか何かで青森の恐山のことをやっているのを見て、そういえば、恐山も行ったことあるし、滋賀の比叡山も行ったことあるから、あと高野山に行けば「日本三大霊場」と呼ばれるところを制覇できるじゃん~、という全く不純な動機です(^^ゞ

でも動機はどうあれ、行ってみると静かで落ち着いた雰囲気にとっても癒されました(^-^)

 

何箇所かで見かけた景色なんですが、新緑と、お花のピンクと、紅葉の赤が同居・・・

P5142151.jpg

見慣れない景色がちょっと気になりました。とってもきれいでしたよ(^-^)


nice!(50)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

なぜかインドに行ってきちゃいました~その4 ジャイプール編 [異国]

前記事から間が開いてしまいましたが、インド旅行記の続きです。(すみません~)

いかにもインドっぽい神様。。。「ガネーシャ」

①P9031271.jpg

こんな絵やら見事な装飾でいっぱいの建物へは、山の上までえっちらおっちら上って行きます。

②P9031257.jpg

ここはインドのジャイプールという町の郊外にある「アンベール城」というところです。

私は乗りませんでしたが、観光客にはゾウのタクシーで坂道を上っていくのが有名みたいです。

③P9031262.jpg

16世紀にこの地の王様によって建てられたものだそうです~

④P9031265.jpg

豪華な建物が並んでました。

⑤P9031298.jpg

   

インドのラジャースターン州にある、ジャイプールという町は「ピンクシティ」と呼ばれています。

その理由は、町中の建物がこんな感じにピンク色だから・・・

⑥P9021232.jpg

上の写真は「風の宮殿」と呼ばれる建物です。この地にある宮殿の一部なので、とてもきれいですが、

周囲の他の建物はこんな感じです↓

⑧P9021233.jpg

⑦P9021228.jpg

 

車の中から動画も撮ってみました。

道路が舗装されて無かったので、揺れまくりですが、雰囲気は感じていただけますでしょうか(^-^)

  

我々が行った日は何かのお祭りだったそうで、町中大勢の人で賑わっていました。

車から降りて周囲を見ていると、男の子から声をかけられました。

⑪P9021234.jpg

何を言っているのかさっぱりわかりませんでしたが、私が首から下げていたカメラを指さして、

明らかに撮ってくれ~!というリアクションでした。

なので、男の子ファミリーを撮ってみたんですが、写真をお渡しする手段がないっ(^_^;)

ということでここに載せてみました。

  

そういや他にも・・・

別の町で移動中、路線バスの上にまで人が乗っかってるところがすごいと思い、車の中からこっそり撮ろうとしたら

⑨P9011091.jpg

窓も開けず、そっとカメラを構えたのにあっという間に気づかれてしまいました。

写真を拡大すると屋根の上の一番前の水色のシャツの人がこっち指さしてますぅ(^_^;)

⑩P9011091-2.jpg

この後、もっとすごい恰好つけたポーズを取ってくれたんですが、残念ながら車が走り出してしまい、撮れませんでした~

お兄さん、ごめんなさい~[あせあせ(飛び散る汗)]

もう一人現地のテレビで見て気になった人がいました。

⑫P9010996.jpg

どうやら占い師みたいですが、このマークは12星座のかに座???

ギャグなのか、本気なのか、言ってることはさっぱりわかりませんでしたが、怪しい感じが妙におかしかったです(^u^)


 

旅行に行くといつも現地のうまいものを食べまくる私ですが、インドはダメでした(/_;)

何がダメだったかというと、味ではなく、具合悪くなっちゃった方です~

今までどこに行っても、他の人がダメでな状況でも私は結構平気な人だったんですが、インドには負けました(>_<)

ツアーで出されたもの以外は一切口にせず、歯磨きにもミネラルウォーターを使ったりして、ものすごく気をつけていたんですが、すっかりやられました。

何がいけなかったのか

⑬P9011081.jpg

( ↑ この店のお味はとっても美味しかったんですけどぉ )

今はどれも見ても全部疑わしく見えてしまいます(;O;)

⑭P9031336.jpg

  

行くと決めていたマックですが、この時点では既に最悪のコンディションだったため、味がよくわからなかったです[たらーっ(汗)]

⑮P9031340.jpg

ちなみに、インドのマックはお肉なしのベジタリアンメニューです。

( ↓ フライみたいに見えるのは、野菜コロッケでした )

⑯P9031341.jpg⑰P9031342.jpg

  

すっかりお腹を破壊され、ヨレヨレになって帰ってきましたが、帰国する時の飛行機から富士山を見たら

⑱P9041352.jpg

ああ、日本に帰ってきたなぁ~、と今回は本当にほっとしました(^_^;)

 

以上、インド旅行のご報告でございました<(_ _)>


nice!(109)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

なぜかインドへ行ってきちゃいました~その3 古都アグラ編 [異国]

前回に引き続き、またまたインド編です<(_ _)>

タージ・マハルのある街、アグラには他にも世界遺産となっているところがあります。

まずこちら・・・アグラ城(写真は門です。)

   ①P9021154.jpg

ムガル帝国の王様が住んでた城ということで、1565年に着工され、完成までに8年もかかったそうです。

門をくぐって、しばらく行くと~

②P9021158.jpg

写真だとわかりにくいかもしれませんが、どでかい「謁見の間」が出てきます。

 

さらに進んで行くと、こんな建物が出てきます。

③P9021164.jpg

そこから見える景色です。見晴らし最高です♪

④P9021172.jpg

上の写真、川が写っているのがおわかりいただけますでしょうか。

前々回タージ・マハルをご紹介したときの写真の、この川↓なのですが・・・ 

      ⑦P9021123.jpg

川を挟んで、アグラ城側からタージ・マハルの方向を見ると、こう見えます。

⑤P9021173.jpg

愛する王妃のために超ゴージャスなお墓タージ・マハルを作っちゃった皇帝シャー・ジャハーンは、その後なんと自分の息子に皇帝の座を奪われ、アグラ城に幽閉されてしまいます。

幽閉された塔から見える、タージ・マハル。シャー・ジャハーンはどんな気持ちで眺めていたんでしょうかね。。。

ちなみに建物の中はこんな感じでした。

⑥P9021178.jpg

 

そしてこの日、アグラ城を出てからいただいた昼食はやはり~

⑦P9021195.jpg

カレーでした。(笑)  えっ!?お味ですか?・・・う~ん。。。まぁ、普通です。(^_^;)

不味いわけでもないのですが、それなりです。

 

今回の旅行は半分以上が移動時間だった気がします(;一_一)

ほとんどが高速道路だったんですが、途中こんな道や、

⑧P9021197.jpg

こんなガッタガタの道を車でガンガン進みます・・・

⑨P9021198.jpg

 

次に訪れたのが、アグラから少し離れたところにある世界遺産「ファテープル・シークリー」というところです。

⑩P9021208.jpg

なかなか世継ぎが生まれなかった皇帝が、この地に住んでいた預言者を頼りに訪れ、その後3人もの息子に恵まれたことに感激し、都ごと引っ越してきちゃったというのが、このファテープル・シークリーです。

⑪P9021211.jpg

莫大なお金をかけて、こんな立派なのを作ったのに、地理的に水不足であるため、たった14年間しか首都として機能しなかったそうです。。。(-_-;)もったいない~

⑫P9021219.jpg

高台にあり、行きは車で登ってったのですが、帰りはのんびり歩いて下ることにしました。

途中ヤギがまったりと草食べてたりして。。。

⑬P9021218.jpg

次回もインド編にします。。。気長にお待ちください(^^ゞ

よろしくお願いいたします<(_ _)>

 


nice!(102)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

なぜかインドへ行ってきちゃいました~その2 首都デリー編 [異国]

前回に続き、インド旅行記をお送りします<(_ _)>

インドの首都であるデリーで見てきたものです。なんせ時間が無かったもので、移動ばかりで、じっくり何箇所も見て回ることができなかったのがちょっと残念でしたが、そんな中で行ったのが・・・

1か所目が「フマユーン廟」というところです。

まず、こんな門をくぐります

①P9011015.jpg

  

途中こんなのかわいいのがあっちにもこっちにもチョロチョロしてたりして…

②P9011014.jpg

  

抜けた先の景色がこれです

③P9011022.jpg

この展開、前回の記事をご覧いただいた方で、「タージ・マハル」に似てやしないか!?と思った方はするどいです。

こちらの建物はタージ・マハルのモデルになったと言われている建物だからです。

これ、世界遺産なんですけど、ガイドさんいわく、「この程度の建物ならインド国内に他にもゴロゴロあるけど、これはタージ・マハルのモデルだったから、世界遺産になれた」

十分立派に見えましたけどね~。でもそう思えたのはタージ・マハルの前に見たからでしょう。見る順番を誤ったら、貧相に見えてしまうんだろうなぁ(^_^;)

   

こんなかわいいクルマ(オートリキシャー:三輪タクシーみたいなものでしょうか)が走る街中を移動し・・・

④P9011007.jpg

  

次に向かったのがインドで一番高い石柱「クトゥブ・ミナール

   ④P9011070.jpg

西暦1200年頃、イスラム教のモスクに付属して建てられた塔だそうです。

高さは72.5m、直径14.5mのでかい塔です~

近づいてみると、コーランがびっしり刻まれています。

⑤P9011053.jpg

  

周囲にはモスクの名残

⑦P9011060.jpg

  

雰囲気満点な回廊があったりして・・・

⑧P9011065.jpg

  

見上げると回廊の途中のドームの天井はこんな感じです(^-^)

⑨P9011066.jpg

  

こんなのもいっぱい飛んでたりして、ここは異国だなぁとしみじみ感じます。。。

⑥P9011056.jpg

 

次回、もうちょっとインド編続きます~<(_ _)>


nice!(108)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

なぜかインドへ行ってきちゃいました~その1 [異国]

長らくのご無沙汰でございました(^^ゞ

前回初春のネタをお届けしてから早数カ月。。。仕事はドタバタだわ、パソコンは壊れるわ~で、

あっというまにもう秋でございます。

もうすっかり忘れられた存在になってしまったかな、と思いながらも久々の更新ですっ。

途絶えてた間の夏休みのお出かけレポートです~。

まず今回のお出かけの中でも、一番の目的だった場所から書いちゃいます。

 

唐突に始まっちゃいますが・・・

結構田舎町のこんな道をまず進みます。

①P9021151.jpg

目的の場所に行くには、ツアーの車では近づけません。ちょっと離れたところから電気自動車に乗り換えます。

何故かというと、目的の場所の建物が、排気ガスで汚れてしまわないようにということらしいです。

その入り口は結構セキュリティが厳しく、カメラを向けるのは躊躇してしまいました。

飲食物はもちろん、とんがったもの(ボールペンとか?)も持ち込めません。

(何も飲めないなんて暑くて倒れちゃいそうだよー、と思いましたが、飲料は一人ずつペットボトルのお水が配られました。入場料に含まれているようです)

 

全身ボディチェックを受けて、かばんの中全部を見られて、抜けた先に出てくるのはまずこれ

②P9021098.jpg

十分立派な建物ですが、これはまだまだ、メインゲートなんです。

   

  ゲートの下に差し掛かると~

    ・・・ちらちらっと見えてきました! 

   ③P9021101.jpg

    

  そうです、ここは~

  インドが誇る世界遺産、タージ・マハルですっ

④P9021114.jpg

会いたかったよ、タージ・マハル!!!

何てきれいな白っ、何て美しいシンメトリー(左右対称)っ(;O;)

  

もっと近づいちゃいます

⑤P9021115.jpg

それはそれは感動ものでしたー

  

さらにアップ。きれいな模様がおわかりいただけますでしょうか!?

⑥P9021117.jpg

 

裏側にはきれいな川が流れていました (インドなんで何が流れてくるかわかりませんが(^_^;))

ミナレット(尖塔)が傾いているのは、万が一倒れるようなことがあってもタージ・マハルにぶつからないようになっているから・・・

⑦P9021123.jpg

すぐ横にはモスクもありました。

⑧P9021131.jpg

 

高台からメインゲートの方を振り返ると、まだまだ大勢の観光客入ってくるのが見えました。外国からだけでなく、インド中からも大勢の人が見に集まってくるそうです。

⑨P9021119.jpg

 

でかい建造物なので、寺院か何かかと思ってしまいますが、タージ・マハルはお墓なんです。

ムガル帝国の第5代皇帝シャー・ジャハーンが、亡くなった愛妻のために22年の歳月と2万人の職人を費やして作ったものなんだとか。。。超ゴージャスなお墓ですね~。

もっともっとゆっくり見ていたかったけど、あっという間に滞在時間は過ぎてしまいました。

⑩P9021146.jpg

 

今回のおでかけは日数があまり取れず、弾丸ツアー的な日程になってしまいましたが、

他にも何箇所か回ったので、また次回ご報告したいと思います。

近日公開!


nice!(107)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

旬のゴハンでおなかいっぱい [宮城]

先月(2月)のお話ですが~

仙台に用があり、出かけた際に何気なく地元情報誌を買ってみました。

そして、そこに載っていたものが、とぉーっても気になってしまい、ちょっと時間があったので、

つい仙台から電車に乗っちゃって、それから30分とちょっとで。。。

着いたのがこの駅

DSCN5495.JPG

お城のような建物が隣接したこの駅は、宮城県亘理町にある、「亘理(わたり)駅」です。

DSCN5493.JPG

  

そこから、車で向かったのがこのお店

DSCN5484.JPG

和風レストラン 田園」というお店です。

そしてお目当てのモノはこれ、「ほっきめし」です♪

DSCN5478.JPG

貝の煮汁を使って炊いたほっかほか炊き込みゴハンに、シャキシャキプリプリな感じのホッキ貝がこれでもかーって位のっていて、これがまたベストマッチ♪でした(*^_^*)

ほっきめしには、他にお吸い物などがついていました。

DSCN5476.JPG

どれも美味しく、おなかいっぱいいただきました(^-^)

タクシーの運転手さんによると、「ほっきめし」も美味しいけど、ぜひ「はらこめし」の時期にも来て食べてみてって薦められました。

「ほっきめし」の旬は、12月中旬から4月にかけてですが、イクラと鮭の「はらこめし」は9月から12月中旬にかけてなので、また秋に来ないといけませんね~(笑)

DSCN5487.JPG

駅に戻ると、確かにこの町の一押しは、「はらこめし」みたいで。。。

DSCN5499.JPG

存じませんでした~・・・また来ます<(_ _)>

 


nice!(69)  コメント(19)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

夢心地ドバイ6日間の旅 ~その5 ドバイの世界一に行ってきました [異国]

日本で近頃出ているドバイのニュースといえば、景気の話か競馬か、これ・・・

    P1190386.JPG

現在世界で一番高いビル、「ブルジュ・ハリファ」ではないでしょうか・・・

今年の1月にオープンしたばかりなのですが、なんと168階建ての高さ828m(*_*)

展望台もあるので、ぜひこれは行ってみようということで・・・

ハイ、これが展望台の様子です。

P1190372.JPG

展望台は124階、442mの位置にあるそうです。

ここに上がってくるために、まず1階のチケット売り場へ行きました。

中国人のグループが何やら揉めていたので何かと思えば、当日券が売り切れの表示があるではありませんか。

エレベーターに乗れる人数が限られているため、どうしても展望台に行ける人数も制限がかかってしまうんですね。

そんなぁ~、せっかくここまで来たのに上がれないなんてー(/_;)と思っていたら、奥まった目立たないところに、相方が別のカウンターを発見。。。行ってみるとすぐに上がれるとのことで、なんだぁ、さっきの騒ぎは何だったんだろうと言われた金額を出しました・・・ええ、出しました。

冷静になってその価格一人400ディルハム(現地通貨)を日本円に換算してみると~

400ディルハム×30円位(そん時の日本円のレート)=12,000円位!? の二人分。。。

さっき売り切れとなっていた通常のチケットは一人100ディルハム(3,000円位)だったんですね。

でも、400ディルハム(12,000円)を出してくれれば、すぐ入れてあげるよー、って意味の特急券みたいなチケットだったんですね。

高い!高いよー(/_;)ちょっと上がるくらいでこの値段っ(T_T)

でも我々は、この日の夜には日本に帰らなければならなかったので、当日券が無ければ、これを買うしかなかったんです~。

空港並みのセキュリティーチェックを受け、エレベーターに乗ること1分(442mを1分で登るというのも、すごいです(^_^;))

それでは、展望台からの眺望をご覧ください~(/_;)

P1190357.JPG

ここまでくると、展望台から見ているというより、ヘリコプターか何かで飛んでいるような感覚です。

もやってますが、こっちの奥は砂漠側

P1190358.JPG

こっちは海側です

P1190360.JPG

海の中にぼやーっと写っているのは、巨大な埋立地です。

見上げると、展望台より上のフロアがまだまだあります~

P1190365.JPG

影もでっかいです。

   P1190370.JPG

開業したてのモノレールと駅も見えました(まだ一部しか開通してないそうですが)

P1190374.JPG

ブレブレですが(^^ゞ 動画もぞうぞ。。。

  

以上で5回にわたってお送りしてきた、ドバイ旅行記を終わります~。

私はいつも、街歩き中心の旅行が多かったので、今回のような、まったりと過ごす旅行に慣れていなかったのですが、こういう過ごし方もいいもんだなぁ、と思いました。

正味4日間程度の滞在でしたが、楽しく過ごすことができて大満足の旅でした♪

最後に砂漠の朝日の写真を(^-^)

P1180312.JPG

 


nice!(74)  コメント(27)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

夢心地ドバイ6日間の旅 ~その4 ホテルでにわか金持ち気分!? [異国]

ドバイ旅行記その4です。(これまでの記事: その1 その2 その3

砂漠から街中に戻り、ドバイでの3泊目は、アラビア湾沿いのでっかいリゾート、マディナ・ジュメイラ内にある

ダル・アル・マシャフ」というホテルに泊まりました。

こんな感じの建物なんですが

P1180344.JPG

まず驚いたのは、そのホテルがあるリゾート全体の広さです・・・

下の地図の赤いマーカーのあるあたり一体が全部そうです(*_*)

なので、移動手段はバギーを呼んでもらうか、アブラ(ボート)で運河を行くかとなります。

P1180323.JPG

でっかいプールもありましたが、

P1180340.JPG

1km位あるというプライベートビーチがとってもよいのです♪

P1180334.JPG

リゾート内には、「スーク・マディナ・ジュメイラ」というショッピングモールもあり、

P1180330.JPG

アラビアの雰囲気満点な建物の中で、お土産などお買い物を楽しむことができます。

P1180329.JPG

このショッピングモールからの眺めもなかなか良くて、しばしまったりと眺めてました。

P1180327.JPG

  

このリゾート内には、3つのホテルがあります。

そのうちのひとつ、我々が宿泊した「ダル・アル・マシャフ」は、1棟11室あるヴィラが何棟か並んでいました。

ヴィラごとに、バトラー(執事)が常駐し、何かと親切にお世話をしてくれます。

お部屋も広くてとっても素敵でした(^。^)

P1180313.JPG

P1180314.JPG

部屋からお散歩に出ると、カラフルなラクダさんがいたりします。

P1180343.JPG

ビーチに向かう道の途中で出会ったにゃんこは、どことなくエキゾチックな顔つきでした。

P1190424.JPG

   

お散歩から戻ると、ベッドの上でタオルのぞうさんがお出迎えしてくれたりして・・・

2010_0119ドバイ0285.JPG

   

その後、バトラーさんが、ヴィラのロビーでハッピーアワーがあるから、ぜひ来てねと言ってくれたので行ってみました。

ワインやシャンペンが飲み放題♪

我々は迷わずシャンペンを選択しました(^-^)

ススメ上手なバトラーさんがガンガン注いでくれたので、我々はすっかり上機嫌になってしまいました(^_^;)

DSCN5433.JPG

ここでは、我々の他にドイツから来たカップルと、イエメンから来たアメリカ人カップルがいたので、バトラーさんを交えて楽しくおしゃべりをしました。

バトラーさんは、フィリピン出身とのことで、フィリピンでホテルマンの勉強をしていて、ドバイで働くチャンスを得たのでこのホテルに来たそうです。ケニア出身のバトラーさんもいらしたし、見たところホテルでは色々な国々の方が働いているようでした。

ここに限らず、ドバイで見かける労働者は、インドやパキスタンなどアジアの国々の人が多かったです。

ドバイの現地人は公務員や銀行員などの仕事に就いている人がほとんどで、建築現場やサービス業などの外の仕事は、主に他の国から来た労働者が雇われているそうです。

国が変わればいろんな状況があるんですね・・・。

プライベートビーチから見た夕焼けの下には、まだまだ建設中のビルの群れが見えます。

P1190452.JPG

この国の発展を支えているのは、様々な国から出稼ぎに来た多くの労働者たちなのだと思いました。

 


nice!(55)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

夢心地ドバイ6日間の旅 ~その3 砂漠の過ごし方 [異国]

ドバイ旅行記続きます~。

(前回まではこちら→ その1 市内観光編 、 その2 砂漠で泊まっちゃいました

砂漠のどまんなかのホテルには、2泊しました。

当然周囲は砂漠なので、ちょっとそこらへんで買い物でもしてくるわー、って訳にもいきません。

なので、ホテル内でまったりと一日過ごします。

   

プールサイドでゴロっとしながら本を読んでいたり、

P1170231.JPG

砂漠を見ながら、ちょいと一杯いただいたりしました。

P1170239.JPG

 

日差しが弱まる夕方近くになると・・・

ラクダちゃんに

P1160120.JPG

乗っけてもらえたり、 (写真は乗っかってる目線で・・・)

P1160113.JPG

 

かっこいいファルコン君の

P1160123.JPG

雄姿を見せてくれます。

P1160139.JPG

ファルコン君、最後にご褒美のお肉をもらってました。

P1160154.JPG

  

そして、どんどん日が落ちてきた頃、ホテルのジープでデザートサファリに出発です♪

P1170273.JPG

   

ひろーーーーい地平線を眺め、

P1170267.JPG

途中ラクダファームに立ち寄り・・・

P1170277.JPG

ラクダくんとスキンシップ・・・(の後、よく見たら、ノミだらけでした(^_^;))

何だか得意げな感じ!?

P1170283.JPG

この人(ラクダか)、こうやって顔で人の行く手を阻んで、他のラクダのところに行かせてくれませんでした。

何で???

P1170279.JPG

    

ラクダファームを出発してしばらくすると・・・

P1170288.JPG

地平線に太陽が沈んでいきます・・・線香花火の先みたいな、燃えるような夕日でした。

海の水平線に沈むところは見たことあっても、何にもない地平線に沈むところは見たことが無かったので、感動モノでしたっ(T_T)

 

晩御飯は、ホテルの敷地内にある、オープンエアのレストラン、

アル・ハディーラ・デザート・レストランへ・・・

アラビア料理なんですが、星空の下で食べるので、とにかく暗くて、皆さんにお見せできるような写真がなくてすみません。(^_^;)

ブッフェスタイルで、お味は、前菜は、すっぱい系な感じのが多かったかなぁ。他、メインにケバブや、ごはんものなどが並んでいました。

ここのレストランの売りは、アラビアの音楽やダンスなどのショーです。

何曲かの歌の後、

DSCN5374.JPG

スカートの男性がくるくる回る踊りや、(とにかく回るのが早くて、写真がこんなになっちゃいました)

DSCN5377.JPG

男女5人組の楽しげな踊り…

DSCN5382.JPG

ラクダや馬の隊列を使ったシーン…

DSCN5387.JPG

ベリーダンスと続き、最後に皆で一斉に・・・

DSCN5393.JPG

しかしながら、夜の砂漠は、息が白くなるほど寒かったんです(*_*)

ここのレストランはオープンエアで、一応ストーブみたいなのはあったんですが、我々はあまり厚着をしていかなかったので、寒くて寒くて、もうこれ以上ここにはいられない~、と部屋に戻りました。

  

翌朝も朝日を見ながらホテル内を散策しました。

P1180309.JPG

アラビアンナイトのような砂漠のリゾートホテルで過ごした時間は、一生忘れられないような素敵な時間でした。 

できるものなら、もっと長期間このホテルに滞在していたかったです~(/_;)

 


nice!(49)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

夢心地ドバイ6日間の旅 ~その2 砂漠で泊まっちゃいました [異国]

ドバイに到着し、市内観光を終えた後、我々は宿泊するホテルへ向かいました。

前回はこちら → http://nyanparari.blog.so-net.ne.jp/2010-01-24

   

市街地からちょっと郊外に出ると、周りにあるのは・・・

P1170271.JPG

あっち見てもこっち見ても、360度砂漠です~

   

市街地のショッピングモールを出て、車で砂漠の中の道(ちゃんと舗装された立派な道です。)を進むこと1時間ほどで・・・

最初の宿泊先である、Bab Al Shams Desert Resort & Spa に到着しました。

   

ロビーはこんな感じで、  

P1160107.JPG

エキゾチックさ満点な感じに、期待感が膨らみます(^o^)

   

青空の似合う、アラビア風の素敵な建物で、

P1170213.JPG

    

お部屋の中もこんなんでした♪

P1160076.JPG

お部屋も素敵ですが、お部屋にいるのがもったいない位、

P1170216.JPG

雰囲気があって、

P1160103.JPG

どこを取っても絵になる感じで、バシバシ写真撮りまくってしまいました~。  

P1170212.JPG

赤い花が似合うなぁ・・・  

P1160087.JPG

  

ぶらぶら散策しているうちに、どんどん日が暮れていきます。

P1160157.JPG 

   

なんじゃあ、これはーっ

P1160185.JPG

   

私は夢を見ていたんじゃないだろうか・・・

P1160190.JPG


nice!(68)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。